おきる前にしっかり準備。地震・風水害などの災害に共通する「きほんの準備」

災害がおきると誰もがあわててしまいます。冷静に行動するためには、日頃から準備をして、どのように行動するかを考えておくことが大切です。
災害がおきたとき、どのように避難する?家族との連絡方法は?などを、自分や家族にあったルールにして決めておきましょう。

事前の準備と、避難するときの注意点

地震や台風で危険度が高いのが窓ガラス。ベッドなど長時間すごす場所でガラスが割れて体に降りかかるほかにも、床に散らばったガラスを踏んでけがをすることもあります。夜に停電してしまい、暗い部屋の床にガラスが散らばっている状態では、安全に避難することはできません。 また、ガラスが割れ落ちた窓から風が吹き込み、家で過ごせなくなることも考えられますので、飛散防止フィルムを張って被害を最小限にとどめるようにしましょう。


災害でおきる火災として多いのが通電火災。停電から復旧したときに、破損したり濡れた電化製品や電気配線、倒れた電気ヒーターなどに電気が流れることによっておきる火災です。
この通電火災を防ぐためには、避難の前にブレーカーを落としておく必要があります。避難時はあせってもの、見落としがちなポイントをまとめて紹介しています。


避難所ってどんなところ?災害がおきたら、避難所と自宅どちらが良い?

避難所で炊き出しが行われている映像をニュースなどで目にすることがあるかと思います。しかし、避難所へ着いてからしばらくは、水や食料が届かないことがあります。そのため、1、2日をすごすための水や食料、寝具は自分で持ち込むものと考えておきましょう。

また、災害がおきたとき、避難所に行くべきか自宅にとどまるか迷ってしまう人も多いかもしれません。自宅と避難所どちらを選ぶかについて考えるためにも、避難所がどんなところか知っておきましょう。


日常でのたくさんの判断や、心理的ストレスの全てに反応をしなくても済むように、ふるいにかけるための心の機能として「正常性バイアス」があります。
災害時にはこの正常性バイアスが悪い方向に働いてしまい、「自分は大丈夫」「これくらいなら避難しなくてもいい」と考え、避難をせずに大きな被害を生むことがあります。
過去におきた災害での事例や、惑わされないための対策について紹介しています。


ハザードマップで自宅や職場のリスクを確認。家族のルールを決めておこう

避難をするときには、避難開始のタイミング、避難場所までの経路、子どもやお年寄りの有無など、その人のおかれた環境によってさまざまなケースが考えられます。
単純に避難先を決めておくだけでなく、それぞれの人にあわせた避難方法を計画して、実際に避難場所まで歩いて危険な場所がないかを調べておくことも大切です。
こちらの記事では避難計画をつくるにあたって、知っておいて欲しいことを紹介しています。


災害がおきるとき、いつも家にいるとは限りません。親が会社で働いているとき、子どもが学校にいるときに災害がきても、子どもは一人で安全な行動ができるでしょうか?
避難方法や連絡方法を決める防災家族ミーティングを定期的に開いて、家族みんなが安全に避難し、集合できるようにしておきましょう。


自分にあわせた防災をしよう

災害時に必要となるものは、男性/女性、大人/子供、お年寄り、持病などによって違ってくるため、人それぞれです。
とくに妊婦や小さな子どもがいる家庭で必要なものは、避難所に用意がなかったり、不足することがありますので、避難時にすぐに持ち出せるようしっかりとした準備が大切です。



また、ペットも大切な家族の一員。国からはペットと一緒に避難所に向かうことが勧められていますが、実際に避難所で一緒に避難できるかは"自治体によってさまざま"というのが現状です。
もしも、避難所に行くことになった場合、「避難所で一緒に避難生活をおくる」「車の中で避難生活をおくる」「ペットを自宅に残し、飼い主は避難所で生活をおくる」ために必要となることを知り、大切なペットを守れるようにしておきましょう。


公式SNSアカウントをフォローして、最新記事をチェックしよう

twitter
facebook