B!

緊急時の応急処置マニュアル。適切な処置で助け合おう

大きな災害時には、救急隊が普段どおりに対応できるとは限りません。ケガをした人が近くにいたら、その場にいる人同士で助け合うことが大切です。東京都の防災マニュアル「東京防災」を参考に、応急手当の方法をまとめます。

心肺蘇生する

倒れている人を見つけたら、心肺停止している可能性を考えましょう。すばやく適切な処置が命を救い、後遺症の可能性も下げることができます。

①意識を確認

倒れている人を見つけたときは周囲の安全を確認してから近づき、軽く両肩をたたき「わかりますか!」と呼びかけましょう。(声をだんだん大きく3回位呼びかける。)反応の有無で意識を確認します。意識がある人には、手足が動くか、痛みがないか、を確認します。

②周囲の協力を求める

呼びかけても反応がなかった場合は、心肺停止しているかもしれません。まずは、大声で「誰か来てください!人が倒れています!」と近くの人に協力を求めます。 集まった人に、119番通報とAED(自動体外式細動器)を持って来てくれるようお願いします。

③呼吸を確認する

倒れている人の胸とお腹の動きで呼吸を見極めます。動いているか、乱れがないか、10秒以内で素早く確認しましょう。 もし、胸とお腹の動きがなければ、「ふだんどおりの呼吸なし」と判断。直ぐに胸骨圧迫を行います。

④胸骨を圧迫する

胸の中央に両手を重ねて置き、圧迫します。成人の場合は、胸が約5cm沈むくらいの強さで圧迫してください。 テンポは1分間に100回から120回が目安です。胸骨圧迫と人工呼吸を両方行う場合は、胸骨圧迫30回と人工呼吸2回をくりかえします。

⑤人工呼吸する

倒れている人の気道を確保するために、あごを少し上げます。額に手を当て、親指と人差指で鼻をつまみます。感染症予防のために、人工呼吸用マウスピースを使用することが推奨されています。(感染予防器具などがない場合は省略してもよい。) 空気がもれないよう口を覆い、1回1秒ほどで2回息を吹きこみます。胸が持ち上がっていれば、空気が通っているサインです。

⑥AEDを利用する

AEDが届いたら、電源ボタンを押します。カバーを開けると電源が自動的に入るものもあります。電源が入ると手順を案内する音声が流れますので音声ガイドに従って動作してください。

[手順]
  1. 電極パッドを胸(肩の下付近)と脇腹に対角線に貼ります。
  2. 倒れている人に触れないようにして解析(電気ショックの必要性の有無)を待ちます。
  3. 電気ショックの必要性の有無が音声で流れます。
  4. 電気ショックの必要があるとの音声が流れた場合は、ショックボタンを押します。
  5. 電気ショックの必要が無いとの音声が流れた場合は、胸骨圧迫を開始します。

止血する

切り傷で出血した場合、まずは血の出方を見極めてください。吹き出すような出血は「動脈性出血」で、早急な止血が必要です。湧き出るような出血は「静脈性出血」、にじみ出るような出血は「毛細血管性出血」です。毛細血管性出血は、ほどんどの場合自然に止まります。

止血するには、まず「直接圧迫法」を試しましょう。血が出ている箇所に、傷口がおおえる大きさの滅菌ガーゼや清潔な布を当て、傷口の上から強く圧迫します。血液から感染症が伝染する場合もあるので、ゴム手袋やビニール手袋を着用してくださいない場合は、レジ袋など防水性のあるものを使応用してください。

直接圧迫法以外では「間接圧迫法」があります。血の流れを止めるため、心臓に近い動脈を、指で骨に向かって押さえつける方法です。 例えばひじから先の出血は上腕の内側中央を親指で強く押します。脚から出血している場合は、出血している脚を伸ばし、大腿骨の付け根を拳で強く押し付けます。

血が止まったら、傷口を水できれいに洗い流します。減菌ガーゼなどを当て、包帯で巻いて傷口を保護してください。汚れがひどい場合や傷口が見つけにくいときは先に汚れを洗い流します。

骨折・捻挫のケアをする

骨折や捻挫の場合、痛みがある箇所を無理に動かしてはいけません。そえ木を用意し、折れた骨の両側をひもなどで結び固定します。正規のそえ木がない場合は、傘やバット、丸めた新聞紙、指の骨折には割り箸などで代用できます。

腕のケガは、スカーフや風呂敷が三角巾がわりになります。傷がある場合、結び目が傷口の真上に来ないよう注意してください。

ケガした人を休ませる

応急処置を施し、救助が来るまでの間は適切な姿勢でケガした人を休ませます。

基本は仰向けに寝かせてください。もっとも安定感があり、リラックスできる姿勢です。

ただし、背中にケガをしていたり、嘔吐している場合は顔を横向きにしてうつぶせに寝かせます。吐いたものがのどに詰まっては大変だからです。

頭にケガをして呼吸が苦しそうなときは、仰向けに寝かせ、クッションなどを下にしき上半身を少し起こします。

お腹にケガをしていたり、腹痛を訴えている場合も、クッションなどをしいて上体を起こします。さらに、ひざの下にもクッションを当て、ひざが立った状態で休ませます。

呼吸が苦しそうだったり、胸に痛みがあるようなら、脚を伸ばして座らせます。抱えるように脚と胸の間にクッションをはさみ、上半身を預けます。

呼吸はしているものの意識がない人は横向きに寝かせます。気道を確保し、上になった脚のひざを90度曲げて安定させます。

熱中症や貧血、出血性のショックは、脚を高くすることが必要です。脚が15〜30cm上がるように、脚元にクッションを置き仰向けに寝かせます。

この記事を書いた人

日本防災士会 監修

(監修者:東京支部 松井 正雄、東京支部 正谷 絵美)
こちらの記事は日本防災士会 監修の元 moshimo ストック編集部が作成をいたしました。

防災士の資格を持つみなさんは、正しい知識と技能を認められた防災のプロフェッショナルです。
防災力の向上のため幅広い活動を行っており、moshimo ストックでも安全で正確な情報を伝えるためご協力いただきました。
防災士とは
日本防災士会とは
日本防災士会 監修の記事一覧

公式SNSアカウントをフォローして、最新記事をチェックしよう

twitter
facebook

この記事をシェア

B!
moshimoストック