B!

あなたの無事が、いちばん大事。防災カタログギフト LIFE GIFT が発売されます。

いつかやろうと思っているけれど、ちょっと大変そうで、つい後回しにしてしまう…
防災をはじめる人にとって、初めの一歩を踏み出すためには勇気がいるのかもしれませんね。
でも、家族や大切な人に「防災をはじめてみない?」と伝えてみても、すぐには行動に移してくれないかもしれません。

大切なあの人の初めの一歩にしてもらうために生まれた、防災カタログギフトLIFE GIFTの販売を行うKOKUA にお話を聞きました。



(提供:KOKUA)

選りすぐりの防災グッズをそろえたカタログギフト

淡い繊細な色づかいで日常使いもできる防災タオル、白と黒のマット塗装で部屋においても違和感のない消火器、アクセサリーとしてつけられる防災笛。
LIFE GIFT にセレクトされているアイテムは全て、一見して防災グッズに見えない商品がラインナップされています。

防災タオル

日常の中で使いながら、もしもの時に備えるためのタオルです。
フェイスタオルより長く、真ん中がタオル地、両端がメッシュ地となっているため、ぎゅっと結びやすく、災害時にはマスクや包帯、三角巾として使うことが出来ます。
淡い繊細な色づかいで、75gと軽くかさばらないため、バックにいれて常に持ち運ぶなど、日常生活にぴったりとフィットするタオルです。

(引用:Abby)

+maffs

暮らしに寄り添うデザインをコンセプトに作られた、白と黒のマット塗装でシンプルな見た目の消火器です。
万が一の時には、いち早く消火を行うことが大切。そのために、部屋の中の見えるところにおけて、インテリアの邪魔をしないデザインを目指しました。
液体タイプの消火器となっているため、一般的な粉末タイプの消火器のように粉が飛散せず、周囲を汚しません。薬剤をさっと拭き取るだけで後片付けがとても簡単です。

(引用:モリタ宮田工業)

effe

effeはアクセサリーとして身につけられる防災笛です。
メガネフレーム素材で作られるガラスのような見た目は、香水などのガラス瓶をモチーフとしており、シンプルなデザインで首元を彩ります。
メガネの生産で有名な福井県鯖江市のメーカーが長年培ってきた技術を元に、繊細な質感を表現しています。

(引用:プラスジャック)

掲載されるアイテムは、どんなライフスタイルの方にも受け入れられ、もらって嬉しいと思えるものを選定の基準としています。
贈る人が気負いなくプレゼントでき、贈られる人には驚きとともに受け入れてもらえる。そして、防災を始めるきっかけとなって欲しい。このような想いから LIFE GIFT は作られています。

身近な家族や大切な人に安全に過ごしてもらうために。また、新築祝い、引っ越し、転勤など新生活の贈り物として、LIFE GIFT をプレゼントに選んでみてはいかがでしょうか?

防災を広げるための想い

贈り物を通じて防災を広めたい。このコンセプトはどのようにして生まれたのでしょうか?
設立メンバーは大学生の時にボランティアとして参加していた東日本での災害救援活動で出会い、全国各地で災害が発生するたびに、被災地に向かい災害ボランティアとして活動していました。

(提供:KOKUA)

ボランティア活動を続ける中で、被災地から大学での生活に戻ったときにある違和感があったといいます。
災害には関わりのない大学生たちは、まだ避難生活が続いている災害でも、すぐに忘れてしまう。災害の話をしても、自分とは遠い世界の堅苦しい話と感じてしまう。被災地の過酷な現実と、大学での日常生活がつながらないという経験がありました。

その時に感じた、「もしものときに後悔してほしくない、防災をもっと身近に感じて欲しい。」という想いを抱え、その後も社会人として働きながら防災にかかわり続けてきました。

そして、2019年4月に KOKUA という名前でチームを立ち上げます。2019年に行われたBosai Startups in Japan (※1)では代表チームに選出され、世界防災フォーラム(※2)では日本を代表する防災スタートアップ の1つとしてプレゼンテーションを行うなど活躍の場を広げてきました。

(提供:KOKUA)

※1 全国からこれまでの日本の災害・被災経験から学び、立ち上がり、行動を起こそうとする人・団体・チームを集めたアイデアを生み出すイベント(主催:東北大学災害科学国際研究所、協力:仙台市・経済産業省等)

※2 スイスの防災ダボス会議と連携し、国内外から産・官・学・民の防災関係者が集まる日本発の国際フォーラム。(主催:WBF国内実行委員会及びWBF国際実行委員会、後援:外務省、文部科学省等)

カタログギフト LIFE GIFT のスタートアップ

2020年、KOKUAは防災への取り組みを広げるサービスとして、防災カタログギフトの販売に着手します。

クラウドファンディング READYFOR で資金を募り、開始から24時間で、当初予定していた 1st Goal の資金を調達するという異例のプロジェクトとなりました。
現在は、在庫を充実させ、より多くの人に利用して貰うため Next Goal を設定して引き続き資金を募っています。
資金提供のリターンとして、カタログギフトのプレゼントも用意されていますので、ぜひプロジェクトを応援してみてください。

READYFOR 「 防災をギフトで広めたい」カタログギフトで防災を身近に KOKUA

KOKUA では今後、企業への防災研修を行なったり、いろいろな組織が防災や救援活動を円滑化できるように、社会における防災活動を広げることを理念として活動を行っていきます。
いろいろな人が防災に関わりあえるよう、KOKUAの新しい取り組みを応援してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

moshimo ストック 編集部

防災をしたいけど情報がたくさんあって、何から始めればいいの…?
私たち moshimo ストックも始めは知ることが幅広くて、防災ってちょっと難しいな…と思いました。
そんな "元初心者" の編集部が、初めての方にもわかりやすいよう防災・備蓄・災害についての情報をお届けいたします。
moshimo ストック 編集部の記事一覧

公式SNSアカウントをフォローして、最新記事をチェックしよう

twitter
facebook

この記事をシェア

B!

「防災グッズ」のおすすめ記事

家の地震対策や避難のために、 地震対策グッズでしっかり準備しよう