B!

日本の半分以上が被災する?良く聞く「南海トラフ」って何?

30年以内に70%~80%の確率で発生すると言われている南海トラフ地震。テレビやインターネットで南海トラフという言葉を目にしたことはあっても、どんなものか知らない方も多いかもしれません。発生すると東日本大震災を超える惨事になると推計されている、南海トラフ地震について確認し、いざというときに役立つ行動を確認しましょう。

南海トラフって?

南海トラフは災害の名前ではなく、場所の名前です。南海トラフは、関東のあたりから九州、沖縄まで含む広い沿岸部全体のエリアの海底の溝です。

地球の表面はプレートと呼ばれる十数枚の大きな岩盤に覆われており、それがゆっくり動くため、プレート同士がぶつかりあう境目では、岩盤が破壊され地震を起こします。

南海トラフの南側にあるフィリピン海プレートは、毎年北西方向に数㎝の速度で動き続けていて、日本列島があるユーラシアプレートの下に入り込んでいます。
フィリピン海プレートが動くのにつれて、ユーラシアプレートも一緒に引きずり込まれ、曲げられて歪んでいきます。曲がったユーラシアプレートが耐え切れなくなって、元に戻ろうとすると岩盤が破壊されて一気に跳ね上がり、巨大な地震が発生するのです。
また、跳ね上がったプレートが真上にある海水も一気に持ち上げるので、大きな津波も起こします。

怖いことに、フィリピン海プレートは、地震後も耐えず動いているので、跳ね上がったユーラシアプレートはまた引きずりこまれて、繰り返し地震を発生させます。

南海トラフ大地震が起こったら

30年以内にマグニチュード8から9の巨大地震が70%から80%の確率で発生すると予測されており、被害は東日本大震災を上回ると想定されています。
また、南海トラフの巨大地震に伴って発生する津波は、沿岸部に最大で30mを越えて押し寄せるとされています。これは一般的なビルの8~9階分の高さに相当します。東日本大震災の津波の高さは最大で16m強でした。その倍近くの高さの波が秒速10mの速度で沿岸部を飲み込んでしまうという恐ろしい想定となっています。

さらに被害想定では、関東から九州にかけての30の都道府県で、併せて32万 人が死亡し、238万棟の建物が揺れ、火災、津波で全壊したり焼失するとされています。
加えて、地震発生から1週間で避難所や親戚の家に避難する人の数は最大で950万人におよび、9,600万食の食料が不足するとも言われています。

発生したら絶体絶命?今からできることが命を救う

内閣府が、最新のデータをもとに2019年5月に公表した推計では、当初の想定に比べて死者数は3割近く減っておよそ23万1000人に、全壊または焼失する建物は1割余り減っておよそ209万4000棟になるとしました。

内閣府は「想定される死者数が減った理由は、東日本大震災の後に住民の津波避難の意識が向上したことが影響していて、今後の調査結果によっては再び想定が増えることもある」としていますが、多くの人が地震後に早めに避難をした場合は、津波の犠牲者は当初の想定よりも最大で約80%も少なくできるとしたのです。

いざというときに、早めに避難をすることができれば、巨大地震がおきても多くの命を守ることができます。そのためには、まず事前の対策や避難の心構えが大切です。自分の住んでいる地域のハザードマップを頭に入れておくことで、より安全な建物に、最短のルートで避難することができます。ハザードマップをぜひ確認しておきましょう。

津波やハザードマップについては下記の記事もぜひチェックしてみてください。



この記事を書いた人

moshimo ストック 編集部

防災をしたいけど情報がたくさんあって、何から始めればいいの…?
私たち moshimo ストックも始めは知ることが幅広くて、防災ってちょっと難しいな…と思いました。
そんな "元初心者" の編集部が、初めての方にもわかりやすいよう防災・備蓄・災害についての情報をお届けいたします。
moshimo ストック 編集部の記事一覧

公式SNSアカウントをフォローして、最新記事をチェックしよう

twitter
facebook

この記事をシェア

B!
moshimoストック