B!

防災ニュース - 災害リスクに備える!「もしも」の時も「いつも」の時も、明るく安心非常用電源「みんなのエネステ」

災害時に最も気になるリスクは停電。ここ数年は大きな台風や豪雨などが増え、停電が何日も続くような災害が毎年のように起きています。停電になると日頃から当たり前に使っていたものが使えなくなり、生活に支障をきたしてしまいます。

「もしも」のために非常用電源を備蓄したいと思っても、「いつも」の日常生活で使うものでは無いので、どんな準備が必要か分からないなど、戸惑ってしまう方も多いのではないでしょうか。そんな声に対応した商品「みんなのエネステ」が発売されました。

(出典:@Press)

非常用電源「みんなのエテステ」とは?

災害用にも普段使いにも利用しやすい、持ち運び可能なポータブルの非常用電源。ポータブル電源は一般的なモバイルバッテリーと比較して容量が大きく、様々な家電やモバイル機器へ電気を供給することができます。

(出典:@Press)

大きい・重い・高い!非常用電源にありがちな悩みを解消!

大容量ポータブル電源にありがちなお悩みとして、「もしも」のときに使いたいのに大きすぎて「重すぎる!」。停電対策など災害時に必要だけど「高すぎる!」。と感じる方も多いの ではないでしょうか?

「みんなのエネステ」は、重さが5.8㎏とコンパクトで運びやすく、価格も7万円(税込) になります。容量は、434whとなっており、お手持ちの端末の電力が60Wの場合、ご使用可能時間=432Wh/60W=約7時間となります。

(出典:@Press)

暗闇でも安心のLEDライト付き

本体に360度自由に回転する光輝度LEDライトが付いてるので、災害時など必要な時に、すぐにライトが点灯し、照らしたい場所を自由に照らすことができます。点灯時間はなんと260〜590時間となっており、毎日6時間使っても40日〜3ヶ月以上も使うことができます。

(出典:@Press)

使いながら備える、電気の「ローリングストック」

コンパクト設計なので、ベットサイドの照明や足元灯など日々の生活の中で使いながら充電することができます。

日常的に食べたり使ったりするものを減ったらその分買い足す、「ローリングストック」という災害時のための備蓄法があります。
「みんなのエネステ」も物置の奥深くにしまいこまずに、充電しながらそばに置いておくことで「使いながら備える」という災害対策を実現することができ、「いつも」と「もしも」どちらにも対応することが可能な商品です。

(出典:@Press)

現在、様々な災害の危険性が高まっています!

大地震や大雨、台風などの自然災害は、とても身近なものになっています。政府の地震調査員会より、巨大地震が想定される南海トラフ地震は、10年以内に30%、30年以内に70~80%の確率で発生が予測されています。

災害が起こったあと安全に過ごすために、水・食糧、そして「電源」を用意しましょう。
災害時、適切な判断をするために必要ことは、早く正しい情報を得ること。みんなのエネステがあればスマホ・PC などを使って情報収集ができます。また、明るく照らすLEDライト付だから夜間でも安心して活動を行えます。

普段は当たり前に手に使っているものが、使えなくなる非常時。スマートフォンが使えなくなれば、家族と連絡をとることもできなくなってしまいます。
そのようなことが無いよう、日頃からの備えを万全に。 みんなのエネステは、家電感覚で操作ができるので一家に一台だけでなく、大切なご家族のために準備されてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

moshimo ストック 編集部

防災をしたいけど情報がたくさんあって、何から始めればいいの…?
私たち moshimo ストックも始めは知ることが幅広くて、防災ってちょっと難しいな…と思いました。
そんな "元初心者" の編集部が、初めての方にもわかりやすいよう防災・備蓄・災害についての情報をお届けいたします。
moshimo ストック 編集部の記事一覧

公式SNSアカウントをフォローして、最新記事をチェックしよう

twitter
facebook

この記事をシェア

B!

moshimoストック