B!

新型コロナウイルス対策や避難所生活に!身の回りの物で「簡易マスク」を作ってみよう


新型コロナウイルスから身を守り、他人にうつさないためには、咳エチケットや手洗いがとても大切です。しかし、新型コロナウイルスの流行とともに、マスク不足問題がメディアで毎日のように取り上げられています。

マスク不足対策として、身の回りにあるものを代用して作る「簡易マスク」が注目されています。

この「簡易マスク」は、災害時にも有効に活用できます。
避難所での生活はチリやホコリが多く、喉を痛めることで抵抗力が落ち、感染症にかかりやすくなります。
しかし、自然災害は突然起こるため、「マスクを買いに行けない」「物資が不足しマスクが足らない」ことが予想されます。
そんな時、ハンカチやキッチンペーパーを代用して「簡易マスク」を作ることができます。いざという時に備えて、「簡易マスク」の作り方をチェックしておきましょう。

※簡易マスクを手作りする際は、必ず手洗いをしましょう
※簡易マスクは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の「感染拡大の抑止効果」がありますが、自分への「感染防止効果」はわずかです、ウイルスに感染してしまった方が他の人へ感染を拡大させない拡散予防や咳エチケットの補助としてお使いください。

必要な材料は2つ!ハンカチとゴムで作る布マスク

針や糸、ミシンは必要ありません!ご自宅にあるハンカチと輪っか状のゴム2本あれば、あっという間に簡易マスクが完成します。

(出典:HTB北海道テレビ)

ハンカチは、汚れたら交換や洗濯が容易にできますし、子どもから大人まで、顔の大きさに合わせて自由にサイズを変えることもできます。直接肌に当たるので、ガーゼや綿など肌に優しい素材のものを選択するとつけ心地も良いと思います。

もしもの時に困らないために、鞄の中にハンカチとヘアゴムをいれておきましょう!

※文部科学省チャンネルでもハンカチで作るマスクのつくり方の動画が配信されてます。

(出典:文部科学省チャンネル)

キッチンペーパーでつくる紙マスク

警視庁の公式サイトで公開されてる、キッチンペーパーで簡易マスクの作り方をご紹介します。材料はたったの3つ!
<材料>
キッチンペーパー
ホッチキス
輪ゴム(使い捨てマスクのゴムを切り取っても再利用してみても。)

<作り方>
1. キッチンペーパーを半分に折る
2. 中央に向けて両端を内側に折る。
3. じゃばら状に折り帯状にする。
4. ペーパーの両端を折り、輪ゴムを挟んでホチキスで止める。(ホチキスの位置で大きさを調整)
5. ゆっくり開くと、マスクになります。

どこの家庭にもある材料で簡単に作ることができます。両面テープやマスキングテープを活用すれば、可愛らしいマスクを作ることも出来ます。防災の時にも役立つので、作り方覚えておいて損はないです。ぜひやってみてくださいね!

クリアファイルで作る簡易マスク

(出典:東京医師会)
東京都医師会は、クリアファイルで簡易マスクを作る方法を紹介してます。マスクの外側は、クリアファイルを使って作成し、交換可能なフィルターをキッチンペーパーやクッキングシートなどで固定する仕様になっています。作成に必要な型紙や説明書を公式サイト上からダウンロードして、手順どおりに作業をすればマスクが完成するようになっています。

この簡易マスクは、定期的にアルコール除菌や水洗い洗浄をすれば、フィルターを交換し繰り返し使えるので、いざというときのために覚えておくといいかもしれません。

説明書・型紙のダウンロードはこちら
  https://www.tokyo.med.or.jp/18072 

立体マスクの簡単な作り方

立体マスクは、フェイスラインに沿ってピタッとフィットするので、つけ心地が良いですよね。手作りするのは、難しそうですが、型紙を使えば20分程度で簡単にできてしまいます。原寸大の型紙がダウンロードできるので、材料を自宅で準備できれば、ぜひ作ってみてください。

<材料>
布(ガーゼ、シーツ、ハンカチなどででも可能)
ヘアゴムや手芸ゴムなどのゴム2本(1本30㎝くらい)
型紙(ダウンロードしたもの)
ミシン(手縫いでも可能です)
ペン
ハサミ

<作り方>
(出典:株式会社みまちゃんネル)

説明書・型紙のダウンロードはこちら
http://www.city.mimasaka.lg.jp/soshiki/hoken/kenkou/corona/1583375256556.html

タンスの奥にしまって着なくなったTシャツなどをリメイクし活用するのもいいですね。コーディネートに合わせてオリジナルの手作りマスクを作ってみてはいかがですか?

参照元:nunocoto fabric
参考サイト:https://book.nunocoto-fabric.com/15460.html

正しいマスクのつけ方と洗い方

新型コロナウイルスの感染拡大防止に活用されてるマスクですが、ただつけるだけでは十分な効果は発揮できません。正しく着用することではじめて効果的な予防ができます。
また、洗えば繰り返し使える布マスクですが、どうやって洗うのか、悩みますよね?

清潔な状態で使用するための洗い方や、マスクの正しいつけ方を厚生労働省と経済産業省が発表していますのでご紹介します。

<ガーゼなどの布マスクの洗い方>
5つのステップ
1.標準濃度の衣料用洗剤(使用量の目安に従って洗剤を水に溶かしたもの)にマスクを10分ひたし、水道水でためすすぎをしたあと、マスクの水気をきる。
2.塩素系漂白剤15mlを水1Lに溶かして、マスクを10分ひたす。
3.水道水を用い充分にすすぐ。
4.清潔なタオルに挟んで水分を吸い取る。
5.形を整えて干す。
(出典:経済産業省公式サイト)

・正しいマスクのつけ方
(出典:政府インターネットテレビ)

いかがでしたか? 使い捨てマスクがなくても、身の回りにあるもの上手に活用して、簡易マスクをつくることができます。

この記事を書いた人

moshimo ストック 編集部

防災をしたいけど情報がたくさんあって、何から始めればいいの…?
私たち moshimo ストックも始めは知ることが幅広くて、防災ってちょっと難しいな…と思いました。
そんな "元初心者" の編集部が、初めての方にもわかりやすいよう防災・備蓄・災害についての情報をお届けいたします。
moshimo ストック 編集部の記事一覧

公式SNSアカウントをフォローして、最新記事をチェックしよう

twitter
facebook

この記事をシェア

B!
moshimoストック